コンテンツ お悩み,相談,弁護士,社労士,税理士,司法書士,行政書士,公認会計士,ワンストップ

  • TOP PAGE
  • リーガルタッグファイブとは?
  • セミナー&相談会情報
  • 相談例一覧

Company Info. お悩み,相談,弁護士,社労士,税理士,司法書士,行政書士,公認会計士,ワンストップ

  • お問い合わせフォーム
新宿区拠点 新宿区拠点
〒160-0022
東京都新宿区新宿2-16-9
新宿五城ビル 7F
新宿区拠点 渋谷区拠点
〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町17-6
協栄ビル6F
港区拠点 港区拠点
〒108-0073
東京都港区三田3-1-17
Axior三田11F
リーガルタッグファイブ専用電話号 リーガルタッグファイブ
専用電話号
03-6809-0980(代表)
03-6809-0981

twitter

セミナー&相談会情報

事業主様向け無料セミナー

リーガルタッグファイブ 渋谷拠点において中小企業の事業主様向けに無料セミナー及び無料相談会を開催しています。

中小企業のための「いきいき職場」をつくる就業規則講座

「職場のトラブル」に関する相談件数は、平成20年度の一年間で実に100万件(厚生労働省調べ)を超えているのをご存知でしょうか。この「職場のトラブル」が裁判にまで発展してメディアを騒がすことも珍しくありません。このようなことを防ぐ為には、賃金や労働時間などの労働条件や服務規律などについて「就業規則」にはっきりと定め、従業員に周知させておくことが必要です。このことが、経営者と従業員の間の無用な争いを未然に防ぎ、従業員がいきいきとした明るい職場づくりが可能となる第一歩となります。
中小企業のための「いきいき職場」をつくる就業規則講座では、就業規則をまだ作成していない企業様には、それぞれの職場の現状に合った就業規則のあり方を、既に就業規則を作成している企業様には、職場のトラブルを未然に防止するための見直しのポイントをご提案します。

労働契約法と雇用ルールの実務ポイント講座

日本型人事慣行の変化、高まる労務リスクなど、人事・労務を取り巻く環境は、かつてない広がりと複雑さを見せています。労務トラブルの防止、人材の活性化・活用は、会社生き残りに必須と言っていいでしょう。その基盤となるのが、雇用ルールの整備です。労働契約法と雇用ルールの実務ポイント講座では、労働契約法を中心に、採用から退職にいたるまでの雇用ルールのポイントをお話します。

ハラスメントのない職場づくり講座

1) セクシュアルハラスメント相談担当者セミナー

平成19年4月から改正男女雇用機会均等法が施行され、企業におけるセクシュアルハラスメント防止対策が事業主の措置義務になりました。
相談窓口の機能と対応の必要性や、相談担当者の行う具体的な相談・苦情の対応方法についてお話します。

2) パワーハラスメント防止セミナー

パワーハラスメントは被害者本人に影響を与えるだけでなく、職場全体の雰囲気を悪化させ士気の低下をもたらします。また、加害者だけではなく、企業も法的責任を問われる場合があり、訴訟となった場合大きな負担となります。パワーハラスメントを「起こさない、起こさせない」ための取り組みについてお話します。

事業主様向け無料相談会

お申し込みの際にご希望の相談内容をお知らせ下さい。相談例はこちら。

助成金相談

創業や異業態への進出、事業拡大などのチャレンジには大きな投資が必要となります。また、重要な経営資源である人材の強化や、新たな雇用を実現するためにも資金は必要です。
そんな時は助成金を有効活用するチャンスです。数ある助成金制度の何が使えるのか?またどのように申請すればいいのか?使える助成金は思った以上にたくさんあります。助成金を活用するために必要な要件整備や手続きなどを専門家が支援することで、御社のチャレンジを応援します。

各種労務相談

事業主様の日頃のお悩みやご相談に応じます。
ご相談例:残業代を減らしたいがどうしていいのかわからない。従業員と解雇・賃金などの労働条件でトラブルになりかけた。従業員のやる気がいまいちで業績があがらない。労働・社会保険等の複雑な手続きがわかりづらい。労災が発生してしまった。労働基準監督署からの調査が入った等。
社会保険労務士が専門的な立場からアドバイスいたします。

退職金相談

企業年金のうち、主に中小企業の従業員が加入する「適格退職年金」は、加入者の保護が不十分であることを理由に、来年3月に廃止されることになっていますが、 平成22年12月の時点で、なお157万人が「適格退職年金」に加入していて、ほかの企業年金への移行が十分に進んでいません。引き続き税制上の優遇措置を受けていただくためには、廃止期限である平成24年3月31日までに、他の企業年金等(厚生年金基金、確定給付企業年金、確定拠出年金又は中小企業退職金共済)へ制度として移行し、資産移換を完了する必要があります。企業年金等へ移行する際に必要な手続きのご相談に応じます。

 

このページの先頭へ